春色の風に吹かれて

お気に入りの曲とたわいもない話

我が家の風邪薬

水分をたくさん摂るようになって、尿の出も良くなり

排尿の終わる頃に感じた痛みもなくなりました。

 

長引いたら嫌なので近くの医院で診てもらうと

『 尿に異常はないけれど、症状から膀胱炎でしょう』ということで、

お薬を出してもらい、今はすっかり良くなりました。

 

が、今度は風邪の症状が。。。 ( ̄◇ ̄;)

 

頭がボワ〜としてだるく、鼻もムズムズ。

嫌だなぁ〜

 

風邪薬もいろいろありますが

我が家は結婚以来、甘草エキス配合の『 ジキニン 』です。

夫は実家でずっと愛用していたらしく

風邪といったら即『ジキニン』を飲んでいます。

そういえば、夫が風邪をこじらせて寝込んでいる姿を見た事がない!

  

私はどちらかというと、薬を飲まずに風邪を治しちゃうんですが

( だから治りが悪いのかなぁ )

今回はジキニンを飲んでます。

今週は忙しいし、速攻で元気にならなきゃ。

 

 

f:id:haruirokaze:20190821203352j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

尿が出ない…

2日ぐらい前からなんだか尿の出が悪い。

しかも排尿後痛いし。。。

う〜ん、膀胱炎かな?? なった事ないけれど。

思い当たる事といったら、水分不足と職場での冷え。

 

ネットで調べると、

もし膀胱炎だとしたら、とにかく水分を摂って膀胱から細菌を尿で洗い出す事

とあるので、今日は仕事だけど、朝から飲めるだけ飲む事に。

水筒も持参して頻繁に飲む。

 

 

案の定、午前中はトイレへ行ったり来たり(笑)

でもね、排尿後の痛みが軽くなってきて嬉しい( ´ ▽ ` )

 

帰宅後も

早く治りますように、と祈る気持ちで飲んでいます。

普段から、私はホントに水分を摂りません。

職場が冷えるのに、水分なんて摂る気にもならず。

(サービス業なので、エアコンガンガンかかってます)

 

でも、これからは努めて水分を摂るぞ! 

と、しっかり肝に銘じました。

 

 

ただいま、猫のがま口ポーチを製作中です。

リボンはピンク色にしようかなぁ。

f:id:haruirokaze:20190818173527j:plain



 

 

 

 

ダイエットその後と沖縄ぜんざい

最後に計測してから3週間が過ぎました。

今朝測ってみると、−0.4kg。

46.8kgになりました。

(身長は154)

 

この年になると、劇的な変化なんてないか。。。

でも、数値以上に太く見えるのは、何故なんでしょう(笑)

年のせい?

という事にしておきましょうか。。。ヽ(´o`;

 

 

 

f:id:haruirokaze:20190815105240j:plain

沖縄、おんなの駅なかゆくい市場にある『琉冰』の沖縄ぜんざい

このお店はトロピカルフルーツのアイスマウンテンが有名だけど

私はこちらが好き。

暑い夏に頬ばるかき氷、美味しかったなぁ〜。

 

 

 

 

王様をよく見てみたら

はだかの王様が刺し終わったところで

ふと気が付いた。

 

この王様のお腹、やばいね。

夫のお腹もやばいけど(笑) 

 

 

f:id:haruirokaze:20190813172927j:plain

 

フリルやレースがいっぱいの

かわいいお姫様を刺繍したいなぁ。

王子さまもいいわね♡

 

 

 

 

義父

お盆を迎える準備をしていると

一年が経つのは早いなぁといつも感じます。

 

二十年前に亡くなった義父は、うちの子達をとても可愛がってくれたのですが

私との折り合いが悪くなった事で、孫達に会えなくなってしまい

さぞ寂しかっただろうなと思います。

 

最後に孫達に会えたのは、義父の最期の時でした。

それまで何度も危篤になったのですが

孫に会いたかったのでしょうか、その度に乗り越えたそうです。

私を拒否していた親族も、義父の気持ちを察してか

私と子ども達を病院に呼びました。

 

義父はもうすでに意識はないのですが

孫達に再会して間もなく、安心したように息を引き取りました。

  

温かい家庭を知らなかった私に、いろいろと気づかい

優しくしてくれた義父。

子ども達にたくさんの愛情を注いでくれた事に

ありがとうって伝えたい。

 

 

 

f:id:haruirokaze:20190517205422j:plain


 

 

 

 

 

親として

夫と二人で終の住処へ移り住むまでには

私の中で、いくつか問題を解決しなければなりません。

 

まず子どもの心配。

 

上の子達3人はもう立派な成人なので大丈夫ですが

末っ子の高校生が心配なのです。

病気を発症して12年になりますが、いまだ完治の難しい病気なので

親として、いつ何処にいても、この子から気持ちが離れません。

 

夫はその点、まるで心配していないかのような気楽さなので

羨ましいやらムカつくやら(笑)ですよ。

男親ってそんなもんですかね。

 

この子が成人する頃には、もっと安心できる状況になっていればいいな、と。

小さい頃は、低血糖で麻痺を起こしたり、通学途中で倒れたりと

気の休まる時がありませんでした。

今も低血糖になると、冷や冷やしてしまうんです。

当の本人はケロっとしているので

私に似ず、案外肝が大きいのかもしれません。

 

 

いつも長男に言われていた事があります。

『 お母さんのその過保護が、アイツを何も出来ないダメな人間にしてるんだよ!』

 

その通り。。。

 

『 でもね、4歳で病気になって以来、二人で一緒に病気と戦って来たんだよ』

心の中でそう言い返す私。

 

『お母さん、例え低血糖で倒れても、それは本人の責任なんです。

    全てお子さんに任せていただけませんか。』

 

主治医の言葉にも、私は反抗的でしたね。

あなたに親の気持ちが分かるもんかって(笑)

 

でもあれから二年が経ち、私も成長しましたよ。

心配性は相変わらずですが。

 

 

f:id:haruirokaze:20190811205722j:plain

ビッグパイナップルパフェを食べる息子。沖縄にて。

 

 

 

 

 

終の住処を求めて

今年、私は56になり、

夫は64。

 

夫の両親は70代の始めに亡くなったので

『 自分も70までは生きられるかな 』

と夫は言います。

この夫の言葉を聞くたびに、私はたまらなく寂しくなるのです。

 

あと何年一緒に居られるのだろう?

順番通りなら夫が先に逝くけど

もしかしたら、私の方が先に逝くかもしれない。

寿命なんて誰にも分からないから。

 

出来たら、住み慣れたこの土地を離れて

大好きな沖縄のどこかに住んでみたいなぁと思う。

移住じゃなくて、長期滞在。

海に沈む綺麗な夕陽を見ながら散歩したいね。

ホテルの求人はいっぱいありそうだから

 二人でバイトしながら暮らそうよ って夫に言ったら

 好きなバイクを買って、持って行こうかな、だって。

『 バイクっていくら?』

『 う〜ん、200万かな 』

『 ・・・ 』

 

苦楽をともにして来た夫の願いを叶えてあげたい気もするけどね。

200万かい!

どこから出すのよ。

 

 

どんな風に年を重ね、どんな老後が待っているんだろう。

じっと待っているだけじゃなく、最後は好きな事をしてもいいんじゃないか

と強く思うこの頃。

 

健康で、自分で歩いて行ける足があるなら

この先は、自分達の夢のために生きてもいいかしら。

 

 

 

f:id:haruirokaze:20190809143209j:plain

2016年11月の沖縄  幸喜ビーチにて。